« 無事終わりました! | トップページ | 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ »

手術当日の話

 


コメントを下さった方々、温かく見守ってくれてる方々
ありがとうございます!

コメントを頂いてる方はお返事もう少しお待ちくださいね!


あ、福岡は豪雨で大変でしたが、
あたしの所は大丈夫でした。
ご心配もしてくださったようで、ありがとうございます!









流産手術の日の記録です。


※長文です。肝心な手術のところは意識がなかったのですが
  直接的な表現があるかもしれないので
  苦手な人はスルーしてくださいね。





↓↓↓


●11:00

母が到着。
今日は母がきらんをみてくれます。

朝食を抜いてるあたしは空腹からくるつわりで
ムカムカ・・・。



●11:30

きらんの昼食

母がきらんの横で一緒に昼食を食べてもらい
ばぁばとのお食事にキャッキャ♪と夢中になってるうちに
あたしはこっそり出発。(泣かれたら母が大変だから)


●11:55

病院で受付。
分娩予約の預り証を渡す。

お手洗いを済ませ、
血圧と検温。



●12:20

内診


Dr:『お腹の痛みはどうですか?』

ぶぅ:『1度ギューってなったんですけど、
    それっきりです・・・』



モニターに映し出された胎嚢は
少し曲がってきてました。


卵黄嚢がハッキリ見えますが
やっぱり赤ちゃんの影は全くない。


Dr:『あー、袋全体が動いてるの分かる?』

ぶぅ:『・・・・・あ、はい。ユラユラしてるのですよね?』


あたしは全く動いてないのに
子宮の中の胎嚢がユラ~ユラ~っと動いていました。


Dr:『もう体が袋を異物と判断してますねー』


ついに組織(?)が壊れてきてるよう。


Dr:『手術するのもこの方がいいです』


・・・手術を延期した本当の理由ってコレじゃないの?
って思った瞬間でしたが、
今日終わる事なので特に考えない事にしました。



胎嚢:25mm



少し縮みましたが、多分変形してきてるからでしょう。



Dr:『25mmあると、結構痛いもんね~』

ぶぅ:『えぇーーーーーー!痛いんですか!』



Dr:『いやいや、手術しなかったらね』

ぶぅ:『あ、手術しなかったらなんですね・・・』



どーやら、前回言ってた『痛みに強い?』
自然に出てくるのを待った時にやってくる痛みに
耐えられるかどうかって聞いたみたい・・・・。

勘違いだったのね・・・。



●12:45

個室に連れて行かれる。


案内してくれた看護師さんに
『手術中って意識があるんですかね?』と聞いたら
『いやいや、全然!寝てる間に終わりますよ~』って
聞かされ、安心!

『それ、皆さん気にされるんですよね~』

そりゃ~気になるよ~。


個室に入り、着替える。


再び検温と血圧測定。


今晩から飲むお薬を先にもらった。
抗生剤と子宮収縮剤と鎮痛剤。


左手に点滴をつけられる。


「点滴するの初めてだ・・・」って思ったけど
よくよく考えたら出産の時に陣痛促進剤の点滴やったんだった・・・。
陣痛の痛みに必死すぎて忘れかけてた・・・。


午前中の診察が終わってから手術となるらしいので
しばらく待つ事に。



●13:20

もう一度お手洗いに行くように言われる。

点滴をガラガラ引きながらトイレへ向かう。


手術室へ移動。



分娩台のような台に横になる。


ここは・・・・分娩室でもあるのかな?と思いながら
周りをキョロキョロ。


血圧測る機械を右手につけられる。


ぶぅ:『あの・・・途中で目を覚ましたりしないですよね?』

看:『覚めても薬を追加して眠ってもらいますから~』


ふぅ、安心した。



看護師さんがいなくなり、ひとりぼっち。



仰向けになったまま、お腹に最後のお別れの言葉を声をかけながら
しばらく待つ・・・。




●13:30くらい?

1人で待ってると
先生登場

Dr:『あれ?1人?』


Dr:『昨日は良く眠れました?あまり眠れなかった?』

ぶぅ:『普通にぐっすり寝ました』


眠れない人が多いのかな?


Dr:『25mm越えるとね、自然に出てくるのは相当痛いよ。
   痛すぎて駆け込んでくる人もいるもんね』


ぶぅ:『へぇ~、そうなんですか~
    手術した後って痛いですか?』


Dr:『いやいや、全然痛くないですよー』



これは思ってたほど大変ではなさそうだ!


眠って起きたら終了、そして元気に帰れるって事ね♪って
この時は思っていました・・・・。



看護師さんが二人登場。


処置台の脚をかける部分をセッティング。


足をかけ、看護師さんにショーツを脱がされ、
酸素マスクをつけられる。


Dr:『では、この麻酔を試しに少し入れるので
   気持ち悪くなったら教えてくださいね
   この麻酔はクセがあって、手がジカジカしますけど。』


っと言いながら、左手の点滴から麻酔をブッチュー。


意識がなくなる麻酔って始めてなのでドキドキ・・・。
自分はどうなっちゃうんだろうー?


ぶぅ:『あー、腕がジカジカしてきました~。
    あーーー、頭がボーっとしてきました~!』



となぜかテンション高め。
酔っ払ったような、少し意識が遠いところにある感じ。


Dr:『気持ち悪くないですか?』

ぶぅ:『はい、全然』


Dr:『では、始めましょう』


麻酔がまたブッチューって入れられます。


全部入ったところを見届けて、
天井を見て、あーまた腕がジカジカするよーって思った後、
・・・・・・・・もう記憶がありません。





目が覚める直前、きらんと一緒にレゴで遊んでる夢を見ました。


看護師さんの『終わりましたよ~』という声で
意識が戻ったような。


でも、薄目しか開けられず。


あたしは自分が口をパッカーって開けているのに驚き、
口を閉じる。


あ、もう終わったんだ・・・




その次は『大丈夫?意識ある?』の声。


また薄目を開けて、かろうじて『だ・・・・い・・・・じょうぶ・・・・』
答える。


何かウトウトとしてる時のような感覚で
少し気持ちいい。


けど、下腹部の真ん中がズーーーンと痛い。


あー、手術終わったんだよな・・・・。








目は重たくて開けられないけど
耳はすごく冴えていて、遠くで赤ちゃんの声が
聞こえる・・・・。


すごく眠りたいけど、腕につけられた血圧計が
一定時間ごとにプシューと膨らんで腕を圧迫するので
眠れない。


さらに、下腹部もズンズン痛む。
生理痛の倍くらい。


これくらいの痛みが数日続くのかな・・・?




時々、目を開けてみようとするけど
まぶたは重たいし、世界がグルグル回っていた。


どれくらい時間が経ってるのかも分からず
ただずーーーっと目を閉じて横になっていた。


少しづつ覚めていくと同時に
気持ち悪さも増して、体が熱くなり、
掛けられてたタオルケットを外した。


ちょっと目を開けられる時間が延びたかな?ってくらいに
看護師さん登場。


『大丈夫?お部屋に戻ろうか?』っと言われ、うなずく。

『起き上がれる?歩ける?』と聞かれ、
『いえ・・・・まだクラクラします・・・・』というと
ストレッチャー(?)を持ってきてくれた。

自力でストレッチャーに移動すると
物凄く頭がグラングランしてきて、一気に気持ち悪くなってきた。


『移動するから目を閉じててね』といわれ、
目を閉じるものの、どんどん気持ち悪くなる・・・・。


部屋に到着し、また自力でベットに移動すると
『吐きそうですーーーー!』と訴えました。


看護師さんが受け皿(?)を持って来てくれて
リバーーーース。

って言っても、何も食べてないので水分しか出ない・・・。


水を持ってきてもらい、うがい。

『少しづつ水飲んでいいですからね』っと言われ
看護師さんがいなくなった。


リバースした事で、少し楽になってきたので
『何時だろう?』と思ってTVをつけたら
15:30・・・・。


手術から1時間半くらい経ってたらしい。


退院は17時と聞いていたのに
あと1時間半・・・。
こんなにまだクラクラなのに、17時に帰れるの!?って
思っていた。


TVを見つつも、目は勝手に閉じる。
眠たい・・・・でも眠れない・・・・を繰り返す。


気付けばお腹の痛みが全くなくなっていた。(早っ!)







●17:00


看護師さんが様子を見に来てくれた。


看:『大丈夫?』

ぶぅ:『まだ頭がクラクラします・・・』


あまり飲まれてない水を見て、


看:『水なるべく飲んでね。麻酔をおしっこで流したほうがいいから』

ぶぅ:『はい』(それ、早く言って・・・・)


看:『意識がはっきりするまでいていいからね。』



抗生剤と子宮収縮剤を飲む。



それから懸命に水を飲む!飲む!飲む!



母に17時に終わると言っていたので
電話でもう少しかかると伝えた。



赤ちゃんの泣き声がよく聞こえてきていた。

新生児の泣き声はとても懐かしく、
きらんもあんなんだったな~という感じ。

流産と言われてから手術までかなり時間があり、
自分の気持ちの整理がだいぶついていたからだろうか、
赤ちゃんの泣き声がつらいという事はなかった。


まぁ~元気に泣いてるね~♪
大きくなるんだよ~って思っていた。





●18:00


TVを見てると続々と速報で、
大雨注意報やら洪水警報やら雷警報やらが流れ出した。
(記録的豪雨の日でした)


だいぶ意識がハッキリしてきたなって思っていたら
看護師さんが登場。


看:『大丈夫?』

ぶぅ:『あ、大丈夫です』

と体を起こしたときに少しクラーっとくる。


でも、もうこれ以上遅くなれない。


看:『まだキツいなら、休んでていいよ』

ぶぅ:『いえ、大丈夫です』



点滴を外してもらい、着替える。


看:『最後に先生の診察がありますからね』

と言われ、1Fへ移動。



移動しながら・・・


看:『もうお迎えの方に連絡されました?』

ぶぅ:『家近いんで、歩いて帰ります』

看:『えぇ!凄い雨ですよ!』

ぶぅ:『大丈夫です、本当に近いので』



少し歩いたら若干まだクラクラしているのが分かった。
軽く酔っ払ってるくらい。


こんなに麻酔って後がきついのね・・・

ネットで検索しても
手術後はシャキシャキと帰ってるような印象だったけど?

あたしは合わないタイプだったのかな?

よくみんな17時とかに帰れるな~


と色々思っていた。




先生の診察。


超音波で見た映像は
子宮の中が少し空洞がある感じで(実際は血が溜まってるそうだ)
うっすらと人工的に掻き出されたような
ガタガタの線が見えた。


あぁ、もう離れ離れになったんだな・・・・と思った瞬間。



お腹は全く痛くなく、出血もほとんどなかった。



Dr:『気持ち悪いのは治まりました?』

ぶぅ:『あ、はい。今は大丈夫ですけど
    麻酔から醒めた時はかなり気持ち悪かったです』


Dr:『いや~、麻酔を多く使うつもりはなかったんですけどね。
   どうも、
麻酔が効きにくい体質だったみたいで。』


・・・・・・・・∑(゚Д゚)!えぇぇぇぇ!そうだったの!?


ぶぅ:『そ、そうだったんですか』





Dr:『また10日後に見せに来てくださいね。
   今日はもう出かけないように。
   帰ってからもゆっくりしてくださいね。』






診察終了。





麻酔多く使ったんだー・・・・
だからこんなに麻酔の後がキツいんだー。納得。

麻酔効きにくいタイプ・・・・知らなかった。


それにしても、あたしは一瞬で意識がなくなったんだけど
途中で起きたのかな?
動いた?
暴れた?
暴言吐いた???




・・・・・・気になる。



まぁ、知らぬが仏だな。




会計。


分娩予約の前金を返金してもらい、
手術代を支払う。


手術代は全部で12000円くらいだった。

5万円くらい持ってくるように言われたけど
意外と安かった。


ちなみに子宮口を開く処置はしてないみたい。
胎嚢が小さかったから?経産婦だから?
よく分からないけど。





外は雨。
でも風はなく、足元が濡れるくらい。


無理せずゆっくり歩いて帰った。






●18:40くらい 



家に到着。


きらんは
『あ、ママ帰って来たのね』くらいサラっとしてた・・・ガーン


ずーーっと母が遊んでくれたようだった。
お昼寝は1時間半したらしい。



母は弟が迎えにきて帰っていった。


19時を過ぎるとかなりの豪雨。


あと1時間病院で休んでたら
歩いては帰れなかっただろう。


お腹は減ってるような減ってないような。


とりあえず、小さいシュークリームを2個食べた。


もう少しお腹空いたらご飯食べようと思って
きらんと遊んでいた。


立ったり座ったりしてると
段々頭痛がしてきて、気持ちも悪くなってきた。


でもきらんの「遊んで♪遊んで♪」攻撃の手は緩めない。




し、しんどい。




たまらずダンナに電話して
早く帰ってくるように催促。


きらんはダイナミックな遊びを要求してくるので、
ダンナに頼もうと思っていたけど
きらんのお風呂を入れることにした。


1ヶ所でジーッと遊んでくれるほうが楽だ・・・。



準備をしてる途中に
急激に気持ち悪くなり、大大大リバーーース!

胃まで出るかと思った・・・・。



でも、少しスッキリ。


とても自分と一緒に洗ったりする気力はなかったので
あたしは服を着たまま、きらんを洗いました。



お風呂から上がり、
歯磨きを済ませるとダンナから電話。


『めっちゃ渋滞してるから遅くなる』


豪雨の影響で道が渋滞してるらしい・・・



も、もうダメー・・・・。




少し早いけどきらんを和室へ連れて行き、
強制ねんね。


すると、5分とかからず寝てくれました!
ありがとーーーーー!



ばぁばが全力で遊んでくれたからね、きっと。



頭痛がガンガンしてくるものの
夕食を済ませ、ソファで横になったら
少し楽になってきた。


ダンナ帰宅。


帰宅した直後に家の近くの道が通行止め。
ギリギリセーフ。


起き上がると頭がクラクラするので
ソファに横になりながらダンナに報告。



その後、這うようにして和室に行き
眠りにつきました。




次の日は気分爽快!
つわりもなくなり、お腹の痛みもない!


あんなに麻酔の後が大変だなんて予想してなかったけど、
普通の人なら全然怖がることはないですね。



後はこれからの出血の具合とかが
気になる所です。

昨日も今日も思ったほど出血してません。
あまり出血しないのも気になるんですけど・・・
ちゃんとキレイに出て欲しいな・・・。





長文お付き合いありがとうございました。




|

« 無事終わりました! | トップページ | 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ »

baby2 妊娠⇒流産」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。
麻酔私も1回目は効かずで・・・痛い思いしたのを思い出しました、で、読んでて全く同じ~と思い、麻酔の量が多かったんですね今わかりました。
今はムリせず、ゆっくりと。

投稿: sakura・soutaママ | 2009年7月28日 (火) 05時04分

大変でしたね。
麻酔私も1回目は効かずで・・・痛い思いしたのを思い出しました、で、読んでて全く同じ~と思い、麻酔の量が多かったんですね今わかりました。
今はムリせず、ゆっくりと。

投稿: sakura・soutaママ | 2009年7月28日 (火) 05時07分

コチラにコメントするのは初めてです。
分かるかしら?
ぶぅさん、大変でしたね。
気持ちとってもよく分かりますよ。
アタシも1度流産手術を受けた事があります。
アタシの場合、結婚10年目にやっと授かった子供だったので落ち込みが激しく、もう一生子なし人生かと思って立ち直るのに結構長い時間かかったんですが、まだ完全に立ち直らないグズグズした気分の中、流産から3ヵ月後にまたお腹に戻ってきてくれました。
その子が今の一人息子ですよ。
ぶぅさんの赤ちゃんもきっときっと戻ってきてくれると思います。

アタシの場合も術後の出血って少なかったんですが、少ない量だけどダラダラと12日間続きました。
普通5日間くらいだそうです。
アタシの場合8wの流産で、しかも双子ちゃんで、内容物がちょっと大きかったから長引いたかな~って言われましたが、実際何ミリだったかとかは聞いていません。
その後は27日後と早めに1回目の生理が来ました。
ちゃんと体は元に戻りますからね。
あまりストレスためずに過ごして下さいね。
長々とスミマセン。

投稿: あこ | 2009年7月28日 (火) 11時13分

ぶぅさん、お久しぶりです。

ずっとブログは読んでいましたが、なんか声がかけられず・・・。

私もあいたんを授かる前、6wで一人流産しています。
私の場合は出てきてしまったんですが、激痛で一人で歩くのもやっとでした。

そこ子とお別れしたちょうど一年後、あいたんがやってきてくれました。

これは運命なんじゃないかと思ったほど・・。


今は出血の有無や、きらんくんのこともあってゆっくりはできないかもしれないけど、無理しないでくださいね(´・∀・`)

長文すみません。

投稿: てん | 2009年7月28日 (火) 17時10分

お疲れ様でした。
麻酔ききにくくて、その後が大変だったんですね。
私は、そうは言われなかったけど、出血が多かったって言われ、その後もだらだら続いてたのが心配の種でした。
結局、27日目ぐらいで次がきて、その後も今は普通ですけど。
まだまだゆっくりのんびりすごしてくださいね。
#うちの実家も雨は大丈夫だったらしいです。

投稿: ●ごん● | 2009年7月30日 (木) 22時12分

★sakura・soutaママさんへ★
麻酔後があんなに気持ち悪くなるとは
想像してなかったので、大変でした~!
sakura・soutaママさんは効かなくて痛い思いされたんですかー!
それは大変!
手術翌日からは普通の生活ができてます♪


★あこさんへ★
こちらも見ていただいてたんですね!
もちろんあこさんの事分かりますよ~♪(´∀`)
ハンドメイドなど素敵だな~っていつも見せてもらってます!
(が、読み逃げてました・・・)

あこさんもご経験があったのですね。
10年目に授かった命。そのショックは計り知れないですね。
しかも双子ちゃん・・・。
3ヶ月後にまた妊娠できたのですね!
早い!結構すぐできる話はよく聞きますね。
あたしもがんばりたいです!

あたしも出血がダラダラなんですよね~
結構続くのかもしれないですね。
次の生理も早めにやってきてほしいところです。

いろいろとお話聞かせてもらってありがとうございました!
またブログお邪魔しますね~♪


★てんさんへ★
あら~♪てんさんお久しぶりですね!
ブログは拝見させてもらってますよ~♪
こういう内容にはなかなかコメントしずらいですよね。

てんさんもご経験があったのですね。
やはり自然に出てくるのは激痛なんですね!

あたしもまた赤ちゃんを授かれると信じてがんばります!
励ましのお言葉、ありがとうございました!


★●ごん●さんへ★
そうなんですよー!
麻酔であんなにグラングランになるとは思っていませんでしたー!
今後、他の手術を受けることになったら
麻酔が恐怖です・・・。

次の生理は結構早くくる人が多いみたいですね。
あたしも早めがいいな~。
出血はちょっと不安なほど少量です。

ご実家の方も雨すごかったですよね!
大丈夫だったそうで、よかったですね♪


投稿: ぶぅからのお返事 | 2009年8月 1日 (土) 23時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無事終わりました! | トップページ | 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ »