« 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ | トップページ | ルイボスティ »

術後の経過

 


今日は術後10日目



術後から基礎体温をつけてみてるんですが、
ずっと36.6度台をキープしてます。

すごい安定。

でも今は体温が高い方がいいのか
低い方がいいのかさっぱり分かりません・・・・。






今日は経過を診せに行く日でした。


まだ出血は続いています。
最初からずっと少量。

気になるのはそれくらいで
お腹の痛みはほどんどなし。




内診の結果は

『ほどんど出てますね。あともう少しです。』
言われました。


子宮はほどんどペタンコになっていました。


ここから内膜が作られて、排卵⇒リセットなのかな?




内診の後は先生とお話。


Dr:『残存してるものはなかったですね。
    もう少し出血するかもしれませんが、大丈夫ですよ』



Dr:『先日の病理組織検査の結果ですね。』


っと用紙を見せてくれました。


流産手術で取り出されたものは
必ず病理検査に出すらしいです。(っと手術前に説明をうけた)


書かれてる内容は、

+脱落膜、絨毛、Gestational sac がある
+有核赤血球、胎芽はなかった
+絨毛の一部に2mm未満の水腫性変性があったけど
  異常増殖はない
+流産に合致する所見です
+hCGが高い場合は経過をみてください
+奇胎、悪性所見はありません




脱落膜⇒内膜が剥がれたもの
絨毛⇒根のようなもので子宮壁から栄養を受け取って
     胎盤をつくるもの
Gestational sac⇒胎嚢



↑これらはあったけど。


有核赤血球⇒よく分からないけど8週くらいにはあるはずのもの
胎芽⇒胎齢が8週未満の赤ちゃん


↑なかったそうな。



胎芽がない見た時は赤ちゃんが存在しなかったみたいで
悲しかった。
きっと、手術前に自然と吸収されていったんだろう
・・・と勝手に信じています。


水腫性変性というのがあったらしいが
増殖するものではありませんでした。


水腫性変性が2mm以上で増殖するようだと
胞状奇胎になるらしい。
(↑ネットで調べた)


心配なのは、やはり手術前にhCGが高かった事


流産すると激減するはずのhCGが
13万mIU/mlと高い数値だったうえに
数日後には14万mIU/mlに数値が増加していました。


なので、念のため次の生理がくるまでは
経過を見せてください
とのことでした。


hCGの下がり具合をみるんでしょうね。


今日は採尿して帰りました。
下がっていればいいんだけど・・・。



次は2~3週間後・・・・・ってアバウト!



hCGがこんな感じだったので
先生に『次の子作りは生理は3回見送ったほうがいい』
言われました。


今回の結果ちゃんと下がってるようだったら
もしかしたら2回でいいって言われるかもしれないですけど。


まぁ、無理はしない方がいいですね。


3回見送るとなると、順調にいって11月かぁ~。
きらんの2歳の誕生日を迎えてからですね。




『また次もタイミング見てください!』とお願いをし、
先生に『もちろん!』と言われつつ、
次の事を少し聞きました。


流産と最初に言われたときに、
先生に『今回の流産は不妊治療が原因ではない』と前置きしたうえで、
『次は漢方を使ってもいいかも』とチラっと言われていました。


流産のショックでその話を詳しく聞くことはなかったのですが、
ショックから立ち直った今、そのことを思い出して色々考えた結果
漢方をお願いしようと思いました。


ホルモンの薬は大変助かるものだけど副作用もあるし、
もっと基本的な所を強くしないといけないんじゃないかと
思って。


きらんの時はクロミッドも使わず、排卵も自力でした。
だからまだ自力で卵を育てて排卵させる力はあると
思ってるんですが・・・。





胎嚢が小さいといわれた時に
『冷え性?』って聞かれたけど
『いいえ』と断言したあたしでしたが・・・


今日先生があたしの足を触って
『結構冷たいですよ』って言われました。

自覚症状のないタイプですね・・・。
(ちなみに手はあったかいねと言われた)

あと、すぐお腹を壊すんですので
それも先生に伝えました。


今回はまだhCGの影響が残ってるかもしれないから
次回来院したときに漢方を出しましょうという事になりました。


まだまだ時間があるので
それまでに体がもっと健康になるように、
周期が正常な期間になるように
がんばります!





 





|

« 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ | トップページ | ルイボスティ »

baby2 妊娠⇒流産」カテゴリの記事

コメント

ひとまず体調も安定していて安心しました
冷え性が子宮には一番よくないみたいですえn
子宮内膜症も体温が低いため血行が悪く、血が子宮に残っちゃうみたいです
私もずっと冷え性で夏はサンダルを履いてショッピングをすると大抵下痢をしていました。体温も低温期は35度代でした( ̄Д ̄;;漢方薬を飲んで冷え性を改善しました。フラーリンQという漢方はとにかく子宮を温める作用があるらしく、飲んで半年くらい経つと下痢どころか便秘になってました。
漢方にもいろいろ種類があるので、いろいろ試してみたらいいかもしれませんね!
基礎体温が安定してぶうさんの体調のいい時に赤ちゃんがやってきますように 
遠くから祈ってます! 
 

投稿: さいさい | 2009年8月 4日 (火) 10時50分

ぶぅさん、コンニチワ。
ブログ久しぶりに見てビックリしました。
悲しいことがあったんですね。
でも、お体安定されてるようでヨカッタです。
無理はなさらないでくださいね。

アタシもトノの時に漢方飲んでましたよ。
当帰芍薬散という確か血流をよくする漢方だったよーな?
とにかく不味くてオエェェってなりながら飲んでたのを思い出しました。
基本的な部分が強くなる・・・ウンウンそーですよね。
ぶぅさんのペースで頑張ってクダサイ。

今回のこと、ぶぅさん自身とても辛くて悲しい経験だったことと思いますが、その分ひとまわりもふたまわりも人間として大きく成長されてると思います。
出来れば経験したくない出来事ですが、
そのことで今いるきらんクンの大切さや
次に生まれてくる新しい命の大事さを
今よりももっと深く愛情を感じ与えることができるママになれると信じてしばらくはお体休めてゆっくりされてくださいね。

上手な言葉がみつからずこんなコメントしか残せなくてゴメンネ。

投稿: Miwa | 2009年8月 4日 (火) 18時21分

こんにちわ、ユキです。
実はずっとブログ読ませて頂いてたのですが、コメントできずにいました。せめて術後の経過が落ち着いたらとまっていました、、体調も少しずつ戻っていると聞いて、それが少しでも救いですね。しばらくは体を休めてゆっくりしてください。またね、、

投稿: ユキ | 2009年8月 4日 (火) 20時25分

★さいさいさんへ★
体の方はすっかり元通りです!
冷えは女性の天敵っていいますもんね~

ほぉ~、子宮内膜症も冷えが関係してくるんですね~。
あたしは基礎体温が高めなんですけど、
お腹はよく壊すんですよ~。
ある本で見たら「内臓が冷えてる」って書いてありました。
確かに・・・。

フラーリンQは聞いた事なかったです~。
あたしは先生頼みなので、何が処方されるんでしょうね~。
とにかく、長い周期が少しでも縮まればいいな~って思ってます!


★Miwaさんへ★
お久しぶりです!
そうなんです。悲しいことが起こりました。
体はすっかり元気です!

トノくんの時に漢方飲んでらっしゃったのですね!
当帰芍薬散はbaby待ちでは(?)超有名な漢方ですね。
あれマズいんですかー!
確かに漢方はマズいイメージ・・・。

Miwaさんも・・・だったですよね。
コメントできなくてすいません。
その時は何とコメントすればいいのかと悩んでしまいました。
すいません。
Miwaさんの温かいコメント、とても励みになりました!
本当、命の大切さ、きらんの大切さをより強く感じるようになりました。
ゆっくり体を休めて次にのぞみたいと思います♪


★ユキさんへ★
お久しぶりです!ユキさん!
こんな内容でコメントしずらいですよね。
温かいコメントありがとうございました♪

体はすっかり良くなりました。
後はこの後順調に生理がきてくれればいいな~ってところです。
次の為に体をゆっくり休ませます♪

投稿: ぶぅからのお返事 | 2009年8月 5日 (水) 23時25分

この記事へのコメントは終了しました。

« 妊娠発覚→稽留流産までのまとめ | トップページ | ルイボスティ »