« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

カラリオ 2009新作モデル 第3回レポ

 


CyberBuzzさん
の案件です!



さて、先日も書きました、
EPSON カラリオのモニター記事第3弾!
商品の詳細はこちら


今回は、

+手書き合成機能を使った年賀状/クリスマスカード作成

でございます。



では早速。


使用する写真が入ったSDをプリンターにセット!
A4サイズの白紙もセット!


次に、プリンターの操作パネルで手書き合成を選択し、
画面の指示通りに進みマース!




すると、何やら印刷されてきました~!




使用する写真がうっすら印刷され、
文字の飾りつけを選択する欄がありますね~。


_2

我が家にマジックが赤と黒しかなかった・・・。
いろんな色があるとよかったんだけども。

あと年賀状なら筆ペンもいいね♪


モコモコ文字に白枠を選択してみました。



この用紙をプリンターにセット。



読み込んで印刷!




出てきた~♪(´∀`)


完成!早い!




簡単ー!


文字はこんな感じ。




見えにくいのですが・・・・。


もっと文字を太くした方がよかったな・・・。



よくCMで手書き合成プリント!ってやってるけど、
どんな操作でやるんだろう?っていつも疑問に思っていましたが
ナゾ解明。

なんとも簡単にできるもんですね~!


手書きだとオリジナル感も出ていいです★

ただ、字下手、絵下手なあたしは
どうしてもフォント頼りですね・・・。



結構面白かった~♪


近々、義母のお誕生日なので
これで作成してみようかな!




 

| | コメント (0)

見送り

 




どうも、こんばんは!


しばらく放置してました。
気になってのぞいて下さった方、申し訳ないです~!(*_ _)人



もうね、やる気が大暴落でした。


メインブログも更新してなかったのは、
予定が立て込んでたり、きらんのお昼寝の時間が減ったりとかの
理由もあるのですが、
こちらの方の事情も少々絡んでおりまして。




前回の記事は通院再開1回目でしたね。


右側に17mm×10mmの卵胞があるので
月曜日ぐらいに排卵の予想。

排卵してなかったら排卵の注射の予定でした。


そして月曜日。


排卵検査薬も前日と前々日は陰性
体温も上がってないので排卵はまだな事は確信してました。



その日は女医さん。

最初にあたしに流産宣告をスパっとした女医さん。

でも、あたしはこの女医さんは嫌いではなく
むしろ好きです。

愛想がよく、でもサバサバしてる先生。


いざ、内診。


すると、なんとまぁ。


大きな卵胞見当たらず。


『前回17×10が右にあったんですけどー』って
言ってみたが、


念入りに探ってもらったが無い。


『うーん無いねー・・・
これ、2個合わせて測るとそれくらいあるけどね・・・』

言う返答。


前回は測定ミスってこと・・・・?



後で書くのもなんだけど、前回の測定の時、
モニターを見ながらチラっと「ソレ2個重なってないかな?」って
思ったんだよね・・・。


オリさんの増え方がイマイチなのもおかしいと思ったんだよな~。



結局、あたしの卵胞は10mm程度のものが2~3個両側にある状態。


『まだまだですね』

と言われて注射となったのでした。



もうなんか、へこむっていうか落ち込むっていうか
やる気がなくなった感じ。全てにおいて。


今回女医さんではなく、前回同様に院長だったら
この状況、何と言っただろうね。




もうこの日は既に低温期16日目。


ここから育てても遅いじゃん・・・という思い。


見送るか?少ない可能性にかけるか?




迷いながら、水曜日。


またも女医さん。


卵胞は右13mm、左13mmが1個づつありました。


今日注射を打てば21日土曜には排卵に充分な大きさに
なっているだろうという話になったので、
女医さんに聞いてみた。


『土曜日というと、もう低温期21日目ですよね、
 まだ妊娠する可能性あるんですか?』



『うん、ありますよ。40日周期の人でも妊娠はできるでしょう?
 ただ、早いに越したことはないんだけど』



質問した事で少しすっきりし、また注射を打ってもらった。





今日は排卵できるかもと思いながらの土曜日。



女医さんではなく、院長先生。


あふー。どうしよー。
一番最初の卵胞の件、聞いてみるか?


まず内診。


すると、13mmぐらいの卵胞が左右に2~3個に増えてました。



(ダメだこりゃ、やっぱり見送ろう)


内診台の上で、ようやく決断できたのでした。

先生とお話。


『ちょっとまだみたいなんだよねー』
 注射を・・・・』



っと言われた時点で


『もう長くかかってるので、今回は見送りたいんですけど。』


って言いました。



『僕も見送った方がいいと思います。
 今の状態だと双子、三つ子以上の可能性も出てくるし、
 低温期21日目だと妊娠の可能性も低くなりますし・・・』



っとあたしが見送ると言った事に、少々安堵したように見えました。


ついでに勢いで

『最初にあった卵はどこにいったんですかね?
 なくなっちゃったんですか?』


って聞いてみた。

『なくなってはいないですよ~、排卵痛なかったですよね?
 まだ残ってますよ』


っという感じでした。


・・・・・・よく分からんけど、まぁいいや。


どちらにしろ、最初の診察から注射になってても
結果、卵が育ちすぎて見送ることになっただろうし。


大体、あたしに卵を育てる力があれば
いいんだよー!(`Д´)



前回までは自力で17mmも育ってたぜい!
ウキウキしてた分、今回少々ダメージを受けてしました。



でももう大丈夫。
また次があるさ~♪って感じです。



そうそう、気分を持ち直してきたのは
『見送る』とハッキリしたのもあるんですけど、

水曜の診察の時、キッズスペースで一緒になった
きらんの2ヶ月先輩の男の子を持つママさんとの
出会いも大きかったように思います。


水曜は、同じくらいの男の子を持つママとして
たわいもない子供の話などをしていました。


見た目は妊婦さんに見えず、
妊娠したばかりで来てるのかな~?っと勝手に思ったのですが、

あたしが診察室に入る直前、そのママさんが息子さんに
『注射があるからもう少し待ってて!』って言っていたのを聞いて、
あれ?もしかして同じ境遇かな?と思ったのです。


すると土曜日、またもあの時のママさんに遭遇。
お互い子供はお留守番で一人で来てました。


『また会いましたね~』(´∀`)


っとあたしから声をかけ、少しお話。


『二人目、妊娠ですか?』と聞かれ、

『いえいえ、二人目希望なんですよ~』って答えると

『私もなんですよー!』∑(゚Д゚)


話を聞くと、通いだした時期も同じだそうで、
水曜日の注射もあたしと同じ卵胞を育てる注射だったのでした。


そして、診察終了後、会計の所でまたそのママさんと
少々お話。


『次、いつこられるんですか?』と聞かれ、
『今回は見送る事になっちゃって~』と話すと
『私も見送りになったんですー!卵が増えすぎちゃってて・・・・』


っとまたも同じ!


リアル友達で不妊治療をしてる人がいないあたしは
同じ境遇のママさんと話せた事がとても新鮮で
すごく開放されたような気持ちになれました。


『お互い、授かるといいですね♪』と言って別れました。


2度ほどしか会ってない方なのですが
とても救われた気持ちでした。


また是非会いたいものです。





昨日からリセットに向けて薬を飲み始めました。
14日飲み続けて、飲み終わるとリセットします。

それがさ~、話は聞いてたんだけど
気持ち悪くて・・・・。

ちょっとツワリを思い出します・・・。


リセットは来月の5日かな?


今度はクロミッドを服用して、
低温期11日目と早めに病院に行く予定。


またがんばりまーす!




 















| | コメント (5)

レディクリ再び

 
 


Photo 低温期12日目 測定忘れ
Photo
低温期13日目 36.52℃
Photo
低温期14日目 36.65℃



昨日はレディクリに行ってきました!


ダンナが休みだったので、きらんはお留守番。


久しぶりのクリニック。


待ってる間、ナゼか緊張してました。


何か、トラウマが残ってるようで・・・(-ω-;)


思い出しちゃいますね。
数ヶ月前の事ですが、遠い昔のようです。



今回は卵チャンのチェック。


薬ナシの自力ですよ、今回は。



結果は・・・


子宮内膜:6.3mm

右側卵胞:17.0×10.6mm




∑(゚Д゚)おぉ~♪


モニターに映し出された時に一つ大きめの卵胞が見れたので
嬉しかったです♪

先生にも

『今のところ順調ですよー』

っと言ってもらえました!



卵胞の数値の平均をとると14mmなので
1日2mm成長するとなると、排卵は日曜か月曜らしいです。


次回はまた月曜に卵チャンを見てもらいに行きます♪


順調といえども正常の人よりかは少々遅れ気味なので
もしかしたら月曜も排卵してないかもとの事。


そ~だよね~。あたしの卵チャン、のんびりだからさ~。


でも、クロミッド飲んでも17日目排卵だった(注射で排卵させた)けど
薬なしでここまで大きくなれてるのが嬉しかったな~。


特に何もやってないけど(爆)



あ、今周期はめちゃ歩いてる!


メインブログにも書いたけど、
体力有り余ってる人がいてさぁ~(笑)

体力消耗させるのにあたしも歩き回ってるわけで。


でもナゼか痩せない・・・。
(↑そりゃ食べてるからさ)



月曜日また病院行ったレポ書きますー!




 


| | コメント (2)

もう11日目。

 


Photo 低温期 2日目 36.36℃
Photo
低温期 3日目 36.43℃
Photo
低温期 4日目 測定忘れ
Photo
低温期 5日目 36.57℃
Photo
低温期 6日目 36.67℃
Photo
低温期 7日目 36.61℃
Photo
低温期 8日目 測定忘れ
Photo
低温期 9日目 36.70℃
Photo
低温期10日目 36.70℃
Photo
低温期11日目 36.70℃




あっという間にもう低温期11日目。


病院は低温期13日目に行く予定。

ダンナが休みなので、
きらんを預けて一人で行ってきます!


一応、明日排卵検査薬をやってみようかな。

| | コメント (0)

カラリオ 2009新作モデル 第2回レポ

 


CyberBuzzさん
の案件です!



さて、先日も書きました、
EPSON カラリオのモニター記事第2弾!
商品の詳細はこちら


今回は、

+写真をA4サイズでプリントアウト!
+写真をCDレーベルにプリントアウト!
+CDレーベル同士のコピー!



をやってみましたよ♪



まずは、写真をA4サイズでプリントアウト!

もちろん、きらんの写真で☆
最近、気に入った写真を使いました~!



こちらの紙を使いました!
A4で写真は初めてだな~

用紙をプリンターにセットし、
ちょっと写真を加工&文字入れをしてから
プリントアウト!



改めて思うけど、我が家のプリンターより断然早いー!
っていうか、ウチのってウォームアップが長いのよねー・・・。
これは、素早い!



ジャン!できたー!(・∀・)/


どうせなら飾ろうと、きらんの名前をいれたので
隠してありまーす。



楽しくなってきたので、もう1枚!




どこかで見たことあるって?
そうそう、メインブログで使ってた写真ですね~(2枚とも)


2枚とも、飾ってありまーす!



あたしはPCからプリントアウトしましたが、
SDを差し込んでのプリントももちろん可能。

しかも、いろんなレイアウトでの印刷もできます。
例えば、写真4枚をA4一枚に並べて印刷とか。
操作も簡単♪



続きまして~。

今度はCDレーベルに写真を印刷!

レーベル印刷は真ん中に丸い穴があるので
写真を選ばなくては、顔が穴あいちゃう事になるからね~。




またまた早いー!


CDをセットするトレーが内蔵されてるのはいいですね!
ウチのプリンターはトレーを自分でセットしなくてはならないので
その手間がないのがいいな~!




↑こんな感じです☆




続きまして~。

CDレーベル同士のコピー。


これは、何をコピーしようか迷いましたが
適当に手持ちのCDをコピーしてみました。



アレがいい!て思ったCDは車のチェンジャーの中・・・
分かりやすいCDがイマイチなくて・・・。

とりあえず大好きなビヨンセのCDにしてみました。


Photo_2


真ん中にCDを置くのは少々ズレても
自動的に修正してくれるんだって。


若干、色が濃い目になったけど
その辺りは調節ができそうです。

曲名もバッチリ!



全体を通しての感想は、
とにかく早くて簡単!

これが一番ですよね~♪(´∀`)




以上、第2弾レポでした~!(○´3`)ノ



まだ第3弾があります。



 

 

| | コメント (0)

またがんばるぞー!

 


Photo 低温期1日目 36.70℃



はいはい、きちゃいましたよー。(-ω-;)


リセット。



体温は正直でしたねー。
よく出来てるもんだ。


昨日はリセットしなかったから
たまたま低かっただけかな~って思ったら
今朝もこの体温。


そしたら、お昼くらいに赤いヤツがやってきました!



前回の周期は薬に頼らずで30日でした。
なかなか優秀~!


しかし、高温期が12日しか続かなかったな~。
黄体ホルモン不足か!?
デュファストンなしだと厳しいのかね~?



新たにスタートした今回の周期は
病院でまた診てもらいます。


12日目くらいに行くので、
それまでに自力で卵チャンが大きく育ってくれれば
いいですけどねー。


今回は11月1日に1日目なので
カウントしやすいわ~♪




 


| | コメント (3)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »