入院生活メモ

Plum4 きらん生後20日目

お久しぶりですー♪(・∀・)/

今日は珍しく、きらんがお昼寝してます。

最近はお昼にグズグズで、
アタシのご飯を食べるタイミングさえ難しい状態でした!


今日は、入院中の事でもメモります。φ(・ω・ )


※母乳の事はあくまでぶぅが病院で指導された事を書いてます。
   母乳についてはいろんな流派があり、さらに施設によって
 その指導が違ったりします。
 (ウチの病院でも人によって言ってる事が違ったりしてたし)



長文になりまーす!(*・∀・)ゞ
 

Photo      Photo     Photo     Photo     Photo


入院1日目(生後0日目)

2 きらんメモ
+カンガルーケアでおチチを吸わせるが興味なし
+頭が尖がっている
+沐浴は翌朝なので、髪がペッタンコ
+顔はムクみ気味
+ウンチは真っ黒!


2 ぶぅメモ
+円座なしでは座れない。
+立ち上がると動悸がする。
+トイレで巨大な血の塊が出た!∑(゚Д゚)!
+超スローじゃないと歩けない
+さらしで骨盤を固定してもらう
+毎食後アモリン250を1T飲む
+足のムクみがすごい!痺れもある


2 母乳メモ
きらん、助産師さんの指で吸い方練習⇒上手!
+授乳クッションを使って、きらんの抱き方を習う
+乳首で口をツンツンして、口を開けたら
 乳首を舌の上にのせるようにカプッとくわえさせる。
きらんアヒル口になるように深くくわえさせる。
+ママは姿勢を正しくしましょう
 (吸わせるのに必死だと、背が曲がってくる)
+まだ母乳は透明(妊娠中も透明の母乳がにじんでた)
泣いたらとにかく吸わせる!
 
(産後24時間以内に8回以上吸わせる事)
+赤チャンの鼻はパグみたいになってるので
 窒息はしない。苦しかったら口を開けるので大丈夫。


初めての夜。
ちょっとでもきらんが動くと気になる・・・。

泣いてもすぐ起き上がれないのがもどかしいけど、
おチチを吸わせると泣き止んですぐ寝てくれる。

夜中、オムツを替える時にウンチが固まってて
オムツをめくったら

ベリッッッッ!∑(゚Д゚)!
きらん:『ギャーーー!』・゜・(PД`q。)・゜・

今日は3人部屋だから(個室満室の為)、
泣き声が気になるし、
早くしなきゃ!ってそのままおしりを拭こうとしても、
固まったウンチが取れない!

焦ってナースコールして、教えてもらいました。
おしりふき(病院では濡らしたカット綿)をギュっと絞って
水分で溶かせばいいとの事。

出産した日という事もあって
そのままきらんお預かりとなりました。

ホッとしたような、寂しいような。
ゆっくり休む事にしました。
・・・・って言ってもこの時点で翌日の朝4:00


Photo_2


入院2日目(生後1日目)

2 きらんメモ
+朝の沐浴でさっぱりした!
+お昼はほとんど寝ている・・・。
+ビタミンK2シロップを飲む(出血性の病気予防)


2 ぶぅメモ
+今度は拳大の血の塊が出た!
+朝、外来に洗浄しに行く。(痛くなかった)
+傷口はキレイらしい
+おっぱいチェックも問題なし
+産後初のシャワー♪
+浮腫あり
 ⇒赤チャンに送っていた水分が行き場がなくなった為
   そのうち治るので問題なし


2 母乳メモ
+ジュース、牛乳は病院で出される程度に抑える
+水分は1日2リットルくらい飲んでよい
+まだ母乳は少ししか出ない。透明


夜はママ達のお茶会
赤チャン達はベビールームにお預かり。

妊婦さんで会っても、なかなか話かけるのは
勇気がいるけど
同じ『出産』を経験したら、まるで戦友のように
すぐ仲良くなれますね♪

アタシが分娩室でがんばってる時に
絶叫しながら入ってきて、あっさり先を越された方とも
仲良くなりました!( *´艸`)クスクス

2人目ママさんのお話もとっても参考になって楽しかった♪

特に・・・
会陰のツッパリ感に対しては
『清潔』『血行を良くする』『適度な刺激がいいらしく、
ウォシュレットをで当てたり、
シャワーを当てると治りがいいらしい。('ε') フーン

それが良かったのか、
産後3日目にはほとんど違和感がなかった!


Photo_2



入院3日目(生後2日目)

2 きらんメモ
+夜はグズグズだった
+お昼はグッスリ眠っている
+ウンチは1回もしなかった
+頭の形が戻った


2 ぶぅメモ
+座ってると大丈夫だけど、長時間立つと動悸がする
+快便♪


2 母乳メモ
+夜から少し胸が張ってきた!
+22時のマッサージで白いおチチが出た!
+シャワー時、石鹸で乳首を洗わない。
 ⇒保護する成分が流れてしまうから


夜のグズグズを初めて体験。

寝てても、きらんの声ですぐ起きれるようになってる事に
『ママってすごい!』と密かに感激

お昼はほとんど寝てるので、
お世話できることが嬉しかったりする♪


Photo_2


入院4日目(生後3日目)

2 きらんメモ
+昼寝てたけど、夜もよく寝てた(生きてる?)
+口をツンツンしても口を開かないので心配
+体重がドンドン減っている・・・
+黄疸が出てるよう。明日まで様子を見る
+オッパイマッサージで出た母乳を湯のみで飲んだ


2 ぶぅメモ
+会陰の痛みは感じなくなってきた。
+快便


2 母乳メモ
+夜中からおっぱいがカンカンに張ってきた!
+マッサージで左からピュンピュン出るようになった。
 ⇒自分の顔にかかるくらい
+右はあまり開通してないようだ
+胸が張って痛いからと触りすぎてはいけない
+痛い所は濡れたタオルを当てるとよい
+この張りを乗り越えれば後は楽。ここで諦めない。
+赤チャンとママの都合で授乳させているとリズムが
 合ってくる!



生後4日目の夜中から急に胸がパンパンに!

マッサージは思わず顔がゆがむほど痛い!!!
でも、ココが乗り越えどころ。
ピークはココで、後はこんなに張る事はないらしい。

マッサージを見てると、乳首の先からだけではなく
乳輪からも母乳が出てる!∑(゚Д゚)!

副乳と言って、普通らしい・・・。


Photo_2



入院5日目(生後4日目)

2 きらんメモ
+黄疸が出てるので光線療法を受ける
+新生児聴覚スクリーニング(先天性難聴の検査)を
  受ける⇒問題なし
+あまり泣かない
+男の子はイッチョ前に油っぽい匂いがするらしい
 ⇒確かに油っぽい匂いがしてた!


2 ぶぅメモ
きらんの光線療法で、初めて長時間離れる。
  ⇒ボロ泣き
+沐浴講習(今日は見てるだけ)
+洗浄では問題なし


2 母乳メモ
3時間以上あけないように授乳する
 ⇒サボる乳腺が出てくるので。
  きらんは寝てばかりなので起こしていた。
4~5日目はみんな張る時期らしい
+授乳のたびにマッサージしてもらった
左のおチチはすごくイイ!と褒められた
 ⇒初乳はみんな黄色っぽいが、
  程よい黄色なんだって♪エヘヘ
+右の乳首は硬め。右から吸ってもらうように!
+湯冷ましは母乳をあげるように。


左のおチチは順調。
右は自分で少し柔らかくしてから飲ませないと
すぐ口を離してしまう。

飲ませている方とは反対側の胸から
ボタボタと母乳が湧き出るように!

きらんをベットに寝かせるのに必死で、
おチチをしまい忘れるとブラやパジャマがビタビタに。
(↑これ、何度もやっちゃいました)

自分よりきらん優先になってるので、
よくあ、しまい忘れてる・・・』ってなりました。( ´艸`)ムププ


Photo_2



入院6日目(生後5日目)

2 きらんメモ
+夜も光線療法で、授乳の時だけ帰ってくる。
+めったに泣かなかったのに、朝方ぐずったらしい
 ⇒あまりに泣くので、おチチを搾って行かれた。
+お昼、初めて吐いた。(少量)
+先天性代謝異常の検査を受ける
きらんぶぅと同じAB型だと判明
 (ダンナと同じA型が良かったな・・・・)
+2回目のビタミンK2シロップを飲む


2 ぶぅメモ
+経膣超音波検査⇒血も残ってない方、順調
+分娩について母子手帳に記入される。
 ⇒分娩時間34時間
   『微弱陣痛により陣痛促進剤使用→吸引分娩』
   と書かれた。
+体重-3.65キロ⇒『出た分だけね』って言われる
  急に減っても母体がもたないので、これでイイらしい。
+血圧、尿検査異常なし
+沐浴実習⇒きらん大人しかったので、上手くできた。


2 母乳メモ
+夜中、『水分摂ってないでしょ?母乳が黄色くなってる』
 って言われた⇒水分補給で改善
+授乳後には水を一杯飲みましょう。
きらんの場合、おしっこを1日3回以上していたら
 母乳は足りている
+安易にミルクを足すと哺乳間隔と胸の張りの間隔の
 リズムが崩れ、乳頭への刺激が少なくなり、
 乳汁分泌が減ってしまう。
+母乳で不安な場合は来院してよい


2 病院からのアドバイス
+3週間経過したら浴槽に入ってもいい。(ママ)
+元気良く泣き、よく飲み、その後機嫌が良かったら
 問題なし!
+抱っこした時に熱っぽい、手足が異常に冷たい時は
 熱を測る⇒36.5~37.5℃までは正常。
+異常の時は服や布団が適切か。日当たり、冷房を
 チェックして、30分後にもう一度測る
+1日に何回も噴水のように勢いよく吐く時は受診
+いつも機嫌が悪い、飲み方に元気がないなどが
 数日続くとき。ぐったりしてる時は受診
+赤チャンの様子がいつもと違う時、
 またその原因が判らない時は受診
『抱き癖』などは心配ない。たくさん抱っこしましょう。


入院中、いろんな助産師さんに
『ぶぅさん身長いくつ?』『ぶぅさん何歳?』って
聞かれた・・・・(-ω- ?)

そんなに小さい人って珍しいのかな?
童顔なので、年齢はビックリされるけど。


先生に今後の為に、ナゼお産が長時間になったのか
聞いてみた。
アタシの体型のせい?きらんの大きさ?微弱陣痛?

いろんな要因があるらしい。体質とかだって。


Photo_2


入院7日目(生後6日目:退院の日)

2 きらんメモ
+朝、へその緒が取れた!
+夜グズってた
+お昼、ゲボっと吐いた(授乳中)
+まだ白目が黄色っぽい
+黄疸の数値は下がっているが、
 2週間健診は早めにくるように
+うんちが黄色


2 ぶぅメモ
+経過順調
+むくみが取れず、靴がはけないと訴え、
 漢方を処方してもらった⇒数日ですっきり治った


2 母乳メモ
+一時期の胸の強い張りは無くなり、
 3時間くらいで胸が張るようになった。
+いまだ、授乳中と反対側のおチチがノーマークになって
 ビタビタにしてしまう・・・。(_ _|||)またやっちゃった・・・
+離乳食まで湯冷まし、果汁を与えない
+おしゃぶりをくわえさせない
 ⇒乳頭の感触と混乱し、吸えなくなる事があるため。


2 病院からのアドバイス
+赤チャンはよく泣くものです。
+ミルクより母乳の方が消化しやすいので早めに
 欲しがりますが、決して母乳不足ではない
+口元に乳頭を近づけると、空腹でも満腹でも
 口をひらく原始反射が備わっています。
 コレを見て飲み足りないと思うのは間違いです
+ママの母乳の匂いで起きて泣く子もいます。
 他の人が抱っこして泣き止むからと言って落ち込まない。
+入院中ほどの張りが無くなったからといって
 母乳が出なくなった訳ではない。
+夕方はよく泣く(日暮れ泣き)
+まめに体重を測る必要はない。
 元気良く、おしっこが日に6回以上出て、
 体がふっくらしているなら問題なし



こうして、入院生活は終了しました!

入院中のきらんは本当に静かで、
大丈夫?って逆に心配になるほど。

でも、今はそんな心配は吹っ飛ぶくらいの
力強い泣き声になりました!(( ´∀`))ゲラゲラ

家に帰ってからが大変だったけど、
何とかやれてます!(・◇・)ゞ

| | コメント (2)

出産レポ③+22日後編+

出産レポ③です♪



Photo_2 14:00ぐらい(陣痛開始から32時間

NST。
まだ赤ちゃんは下がっていない。

もうその言葉は聴きたくない・・・。

内診。

助産師:「うん、子宮口は全開よ。
      コレに座っていきんでみようか」

またお風呂のイスに座っていきみ、
赤ちゃんを下げる作戦。

今度はずっと助産師さんがついてくれ、
背中をさすってくれた。

助産師:「健診で、推定体重いくらだって?」
ぶぅ:「1週間前で、3200グラム・・・・・・・・・
    んーーーーー!あぁぁぁぁ!」


助産師:「お母さんの体に対して、
      赤ちゃんが大きいのかもしれないね」

ぶぅ:「そうですか・・・・んーーーーーーー!あぁぁぁぁ!」

そんな事言われても・・・・・。
もうベビちゃんは大きくなったんだから。

ぶぅ:「でも、それってどうしようもないですよね?」
(↑イジワル言ってみる)
助産師:「赤ちゃんはお母さんの体に対して、丁度良く
     大きくなるようになってるんだけどね」

ぶぅ:「・・・・・ふーん・・・・・・・・・んーーーーーーー!」


しばらくして、先生が様子を見に来てくれた。


助産師:「まだ下がってませんね。陣痛もまだ弱いです。
      お母さんに対して赤ちゃんが大きいみたいですね」

先生:「うーん、そうかもね・・・・148センチだもんね」
助産師:「もう少ししたら、蹲踞(ソンキョ)をしてみます。」

ぶぅ:「んーーーーーー!あーーー!
           いたぁぁぁぁぁぁい!!!」



なんだ?ソンキョって?
何でもいいや、進むなら・・・。


ここで母、一時帰宅。
母:「まだかかるよね?いない間に産まないでねぇ~」


Photo_2 15:00ぐらい(陣痛開始から33時間

NSTをとる。

助産師:「だいぶ、赤ちゃんがストレスを感じてるようね」
ぶぅ:(ストレス!?大丈夫なの?)「うーーーーん!!!」

ベビちゃんの心拍の針が時折グーンと下がっている。

助産師:「蹲踞(ソンキョ)っていうのやるから、
     ダンナさん、手伝ってください。
     もしそれでも下りなかったら、切開して
     吸引になります。
     よし!分娩台にいくよ!」

ぶぅ:「・・・・・はい」

痛みに耐え、分娩台に上る。

お腹にNSTをつけた状態。
右側にダンナ、左側と正面に助産師さん。

陣痛の波がきたら、「きた!」っと言って、
両脇の二人の肩を借り、上体を起こす。
そして、しゃがみこみ、ひたすらいきむ!!!

ぶぅ「んーーーー!!!あぁぁぁ!いたぁぁぁい!」

その間、正面の助産師さんが赤ちゃんの頭を探る。


陣痛がまだ足りないようで、
3回くらいしかいきめない。


助産師:「毎回いきんでたら、体力がもたないよ。
      弱い陣痛の時は逃して」

ぶぅ:(もう逃す方が大変だよ・・・・)


NSTからは、
ピコーーーン!ピコーーーン!ピコーーーン!
と警告音が!!!!


ベビちゃんの心拍が落ちてるよう。
相当な負担がかかってるみたい。


ベビちゃんが苦しんでる!!!!(||゚Д゚)


助産師:「酸素つけましょう。鼻からたくさん吸ってね
      お母さんからの酸素だけが頼りなのよ」

ぶぅ: 激しくうなずく


何度もトライすると・・・
助産師:「頭が見えたよ!ほら、ここにある感覚分かる?」
ぶぅ:「うぅぅぅ・・・・・なんとなく」

正直、痛みで分かりませんでした。


30分経過したくらいに、
隣の分娩室があわただしくなってきました。

遠くで激しく絶叫する妊婦さんの声が!
妊婦:「いたぁぁぁぁぁい!もういやぁぁぁぁぁぁ!」

すごい悲鳴で、
思わずこっちが冷静になるくらい。

ぶぅ:(やっぱりあれくらいにならないと産まれないのか・・・)
ダンナ:「すごいな・・・・・」

一瞬、先生がアタシの方に登場。
しかし、
助産師:「先生!そっちじゃありません!」

先生も、やっとアタシの分娩だと思ったのか、
間違えて入ってきた。

そして助産師さん二人も、もう一人の妊婦さんの方に行き、
ダンナと二人で、蹲踞をがんばった。


数分後・・・・
隣の分娩室は静かになった。

ぶぅ:「え!?隣、もう産まれたの!?」∑(゚Д゚)!
ダンナ:「早っ」


あんなにすぐ産まれる人もいるのに・・・・・
なんでアタシは産まれないの・・・・・?


助産師さんが戻ってくる。

繰り返しいきむ。

ぶぅ:「んーーーーーーー!あぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

さっきは頭が見えるっていってたのに、
助産師さん、無言。

ベビちゃんは出たり戻ったりを繰り返して、
道を作っているらしい。


相変わらずNSTからは、いきむたびに
ピコーン!ピコーン!ピコーン!

ぶぅ:(酸素吸わないと、ベビちゃんが死んじゃう!!!)

陣痛の合間といきむ直前は
たくさん酸素を吸うように心がけた。



Photo_2 16:00ぐらい(陣痛開始から34時間

助産師:「もう1時間経つわね・・・・」
ぶぅ:(吸引か・・・・・)

助産師さんが先生を呼びにいった。

先生:「どれくらいやった?」
助産師:「1時間やりました。
      心拍は今は落ち着いてますけど・・・」


先生:「もう一回やってみようか」

もう一度、蹲踞でいきんでみる。

先生:「うーん・・・・・・では、吸引でお手伝いしますね。」


先生の手元にはベビちゃんの頭を吸い付けるカップ。

ぶぅ:(デカ!!!そんなの入らない!!!)

先生:「では入れますね~」
ぶぅ:「いたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!」

先生:「陣痛がきたら教えてくださいね。
    その棒もっていきんで。」

ぶぅ:(これ、グラグラなんですけど・・・・・)


踏ん張り棒、実際使ったかどうかは記憶にない・・・。


ぶぅ:「きました!んーーーーーーーー!あぁぁぁぁ!!!」

『うぃーーーーーーーん』と掃除機のような音がする

何かが引っ張りだされる感覚がする!
ベビちゃんだ!

ピコーン!ピコーン!ピコーン!
NSTから警告音。

ベビちゃんが苦しんでる!苦しんでる!

必死で鼻から息を吸う。


2回目。

『うぃーーーーーーん!』
ぶぅ:「うーーーーーーーん!あぁぁぁぁ!いたぁぁぁぁい!」

助産師:「はい、頭が出てきたよ!!!」

ダンナ:「がんばれ!がんばれ!もう少し!」

吸引機の音以上に、ダンナが応援してくれた。
今までになく、真剣で大きな声だった。

焼け付くような感覚。

ぶぅ:(もう少し・・・・・もう少し・・・・)

吸引だから、1度で出るかと思ったけど、
陣痛の継続が短いので、何度もいきめない。


3回目。

もう最後にしたいといきむ!

『うぃーーーーーーーん!』
ぶぅ:「んーーーーーーーー!あぁぁぁぁ!!!!」
ダンナ:「がんばれ!がんばれ!」

助産師:「はい、息!ハァハァハァハァ!手は胸!」

それは頭が出たときの呼吸法だ。

ドロンっと出てきた感覚がした。

ダンナ:「やった!産まれたよ!産まれたよ!」
ぶぅ:(やっと終わった・・・・・・・。)

ダンナはボロボロ泣いていました。


Photo_2 PM4:10 きらん誕生

助産師:「おめでとうございまーす♪」
ぶぅ:「あぁぁぁぁぁ」(←声にならない)

アタシのお腹の上にのせられるきらん

体が紫色。しかもまだ泣いてない

ぶぅ:「泣いてないよ!泣いてないよ!」
(↑のちにダンナに「あの時キレてたね」って言われた)

きらん:「ふにゃぁぁぁぁぁぁん!」

ぶぅ:「泣いたぁぁぁぁぁ!ごめんねぇ~!
    長くかかって、ごめんねぇ~!」



羊水を吸い出してもらう。
苦しかったから羊水たくさん飲んじゃったかな?


Dr:「ダンナさん、へその緒を切ってください」
ダンナ:「はい!」

アタシときらんが離れる瞬間でした。

カンガルーケアで、
アタシの胸にきらんをのせてもらう。

ぶぅ:「ずっしりだね♪」

きらんの重みとぬくもりを胸で感じる。
こんなに重たいきらんがお腹に入ってたのか・・・。

産んだ直後から、ウソのように陣痛がなくなる。
不思議だ・・・・・。

幸せな時間

ダンナはカメラでバシバシ撮ってる。

ダンナ:「鼻の下がオレ似だ♪」
ぶぅ:「えぇぇぇぇ!?」

カンガルーケアって、ベビちゃんの顔が見えない・・・。
写真を見せてもらう。


ぶぅ:「肩毛がすごいね♪」
ダンナ:「ほんとだぁ♪」


ぶぅ:「頭が尖がっちゃったね。」
助産師:「二日くらいで戻るから心配ないよ」


あ、そうそう、母が結局帰ってる時に産まれました。
母、残念。ずっと付き添ってくれたのにね。


途中、胎盤を出されて見せてくれた。
結構大きいのね、胎盤って。


胎盤出されるのも痛くなくて、ドロンって感じで出てきた。


麻酔をして縫合。
吸引の時、切開するって言ってたけど、
結局切開せず。


のちにすぐ痛くなくなったので、
今思えばそんなに裂けなかったよう。


Dr:「あなたは出血が少なかったよ」
ぶぅ:「そうですか」


きらんをしばらく抱っこして、おっぱいを吸わせてみる。
・・・・・・・・・・・・・吸わない。(゚Д゚)
まぁいっか。


Plum4 きらんデータ
体重:2998グラム 身長:50センチ
胸囲:32.5センチ  頭囲:34.5センチ



助産師:「思ったより大きくなかったね。
      でも、胸周りがしっかりしてる。
      足も大きいから、将来大きくなるよ。」

ぶぅ:「よかったぁ~。アタシがチビだから。」


分娩室では2時間過ごす予定が、
外来が忙しいとのことで、3時間過ごした。


途中、夕飯を分娩台の上で食べた。
それくらい、元気!自分でもビックリ。


病室に戻る時、立ち上がると動悸がしたので、
車椅子で移動。


すぐにきらんも病室にきた。


これからきらんとの時間がスタートです。


こんな感じの出産でした。
細かく書きすぎ!?
長くてごめんなさい!(*_ _)人


また入院生活の事、母乳の事も書きます!
ではでは♪ヾ(。´・_●・`。)

| | コメント (17)

出産レポ②+22日前編+

出産レポの続きです!

長いです・・・・ヾ(´▽`;)ゝ



Photo_2 2:00(陣痛開始から20時間

今まではベットに四つんばいだったのを、
助産師さんの薦めで、お尻の下にテニスボールを置き、
イスの背に向かって座る体勢をとる。

まぁまぁかな・・・・?

この頃はだいぶいきみたい感じになってたので、
テニスボールは効果ありだったと思います。

痛みが来るたびに
耐えろ!耐えろ!これはベビちゃんに会う為に
必要な痛みなんだ・・・・。もうすぐ!もうすぐ!


そう自分を励まし、
一点を見つめて、フーフー。( - ゛-)

いつしか、フーフーの最後の方はウーン
うなる声がでるようになりました。


助産師さん登場。
来てくれるのが待ち遠しくてたまらない。

助産師:「だいぶいい声が出てきだしたねぇ」
ぶぅ:「かなり痛いです・・・」

NSTをつけます。

助産師:「どれ。赤ちゃん下がったかな?」
ぶぅ:(下がってて!!!)

助産師:「うーん・・・・・さっきと変わらないわ」
ぶぅ:「そうですか・・・・」(ショック・・・)

また次の3時間まで、がんばるのか・・・。

NSTが終わり、内診。

助産師:「うんうん、ほぼ全開だね」
ぶぅ:「ホント!?」

助産婦:「でも、まだ赤ちゃんの位置が高いからねぇ・・・・。
     じゃあ、コレに座っていきんでいいよ」

ぶぅ:「いきんでいいの!?」

お風呂のイスに足を広げて座り、いきんでいいらしい。

いきみOKがどれだけ嬉しかったか!

実際にいきんでみると、
おぉ(゚ロ゚屮)屮、乗り越えられそうだ!

この体勢でいきむ事によって、赤ちゃんを下げる作戦のよう。

ぶぅ:「次はいつ見に来てくれる?」(←思いっきりタメ口)
助産師:「また3時間後」
ぶぅ:(長い・・・・・・・・)


次の3時間まで、波が来ては大きく息を吸って、
ンーーーーーー!といきむ。
最後の方は声がウーーーー!と声が漏れる。

お腹に必死に話かける。
ぶぅ:「ベビちゃん、下りておいでぇ~。
    ママとパパはベビちゃんに会いたいなぁ~」


そして、ダンナが腰をさすってくれる。

ダンナも眠気で意識が朦朧としながらも
がんばってさすってくれました。

そうこうしてるうち、何だか楽になりすぎ・・・・?って
感じ始めました。

陣痛の間隔が長くなり、陣痛の継続時間も短い。

陣痛の波の間は母と普通に会話できるようになって
いました。

これ、微弱陣痛になったんじゃないの?(-ω- ?)


Photo_2 5:00(陣痛開始から23時間

ぶぅ:「3時間経ったよぉ・・・・・・・まだぁ?」

そう言っていると、助産師さん登場。

助産師:「陣痛弱くなったんじゃない?
         声が聞こえなくなったもん」

ぶぅ:「うん、弱くなったかも」

NSTをとる。

ぶぅ:(お願い!ベビちゃん、下がってて!)
助産師:「んー・・・・・変わらない」

うそでしょ・・・・・・・・・・・・・・・(_ _|||)

もうこの辺から、心が折れかかってきました。

アタシはどこまで、がんばればいいの・・・・?


助産師:「一度ベットに横になって、寝てなさい」
ぶぅ:「・・・・・・・・・はい」

母はアタシの病室に行き、
ダンナとアタシは陣痛室のベットで眠る事に。

時折やってくる陣痛は、自分で腰をさすれば
乗り越えられるくらいに微弱でした。


Photo_2 6:00(陣痛開始から24時間

遠くから電話で話す声がする。

助産師:「・・・・・・・はい、そうなんです。
     今、寝てもらってます。はい、分かりました」


何?アタシの事話してる?

陣痛室のドアが開いて、
助産師:「ぶぅさん、先生が心配して見に来るそうよ」
ぶぅ:「・・・・・・・・はい」

一時間ほど体を休めると、何だかすっきりした気が。

助産師:「診察するから、分娩台まで行くよ。」
ぶぅ:「はい」

分娩台。
ここまでの道のりは遠いと痛感させられる。

分娩台に上り、時折くる陣痛にいきみながら
先生を待つ。

陣痛を促進するためか、
助産師さんがおっぱいマッサージをしてくれた。

助産師:「陣痛の前の日、寝てなかったんじゃない?」
ぶぅ:「・・・・・うん」
助産師:「夕ご飯も食べてないでしょ」
ぶぅ:「・・・・・うん」
助産師:「体力がなくなって、陣痛も遠のいちゃったのよ」
ぶぅ:「・・・・・・」

ぶぅ:「子宮口って一度開いても戻る事ってあるの?」
助産師:「あるよ。」
ぶぅ:「え!うそ!?」


先生登場。
内診をします。

Dr:「うーん、子宮口は8センチ」
ぶぅ:「・・・8センチ!?」

戻ってるよぉ・・・・(_ _|||)

Dr:「赤ちゃん、高いね。破水させよう」

先生が破水させました。
全く痛くなかったです。

1歩進んだ気がして、少し嬉しかったような。

Dr:「今まで羊水があって伸びてた子宮が、
   羊水がなくなったから、厚みが出るんですね。
   それで収縮すると、強い痛みがきますから。」

ぶぅ:「・・・はい」

痛みが増すのは怖いけど、進まないと終わらない。

Dr:「では、また休んで」
ぶぅ:「・・・はい」

ぶぅ:「いきんじゃダメですか?」
Dr::「まだいきむ段階じゃないです。逃して」

またいきみを逃すのかよぉ・・・・・(_ _|||)

逃す方が大変。早く終わりたい・・・・。


Photo_2 6:30(陣痛開始から24時間半

またダンナと二人で横になってると、
ズーーーーンと大きな痛みがやってくるようになった。

これかぁ!!!!確かに今までの痛みとは違う!!!

たまらず、ダンナに「痛い!痛いよぉ!」っと訴える。

ダンナ:「大丈夫?ナースコールする?」
ぶぅ:「・・・・・・・もう少しがんばる」

ベットに横になりながら、陣痛の痛みの時は
壁に頭をこすりつける

何度か乗り越えたが、たまらずナースコールしてもらう。

ダンナ:「すいません、かなり痛がってるんですけど!」


助産師さん登場。

内診してもらうが、まだ子宮口は進んでいない。

助産師:「じゃあ、またイスに座ってみようか」
ぶぅ:「・・・・・・・・うん」」
助産師:「今までの痛みとは違うでしょ」
ぶぅ:「・・・・・うん。今までのはまだまだって感じ」


また、テニスボールをお尻にあててイスの背に向かうポーズ。

助産師:「9時になったら、診察があるから」

そして、また陣痛に耐える時間。

もう声を抑えられない。
ぶぅ:「フーフー、うーん、
      痛ぁぁぁい!、割れるぅぅぅ!」


骨盤が割れそうな痛み。
自分がまさか声を上げるとは・・・・と頭の片隅で思う。



Photo_2 9:00(陣痛開始から27時間

助産師:「下で診察するから、行くよ」
ぶぅ:(歩くのかぁ・・・・・行けないよぉ・・・)

助産師さんとダンナに小脇を抱えられ、
歩きだす。

何度も途中で立ち止まり、
ぶぅ「フー、フー、痛いぃぃぃ!」

診察って、外来だったんです。

髪はボッサボサ、目の下はクマができた、
見るからに今戦ってますっていう妊婦
支えられながら歩いてくるのです。

コレ見てトラウマになった妊婦さん、きっといるね。


外来の診察台に座るまでに何度も陣痛がやってくる。

内診。

ぶぅ:「フーフー、いぃぃぃぃたぁぁぁいぃぃぃ!です」
(↑先生には一応敬語)

Dr:「まだ下がらないね。子宮口は・・・・9センチ」

説明を受ける。

Dr::「赤ちゃんは横向きからお母さんのお尻の方を向いて
出てくるんですね。でも、まだ横向きなんです」

ぶぅ「・・・・・・・フーフー、いたぁぁい・・・・」

先生の説明の途中でもドンドコ陣痛はやってくる。
いちいち返事もできない。

Dr:「24時間経過してるので、
   お手伝いで促進の注射を打ちます。
   子宮口を柔らかくする注射です。
   強くない注射です。
   急に強くすると赤ちゃんがストレスを感じますから」

(↑確かこんな説明)

Dr:「その後は点滴をしましょう」


陣痛室に戻り、注射をされる。



Photo_2 11:00(陣痛開始から29時間

NSTをとる

陣痛がまだ弱いとのこと。
心拍をとる機械をつける位置が夜中より下がってきた!

でも、
助産師:「まだ骨盤の入り口」

もう時間の感覚がなくなってきた・・・。

子宮口、9センチ


Photo_2 13:00(陣痛開始から31時間

助産師:「だいぶお通じがたまってるかもしれないから
      カンチョウしましょう。すこしでもスペースを広くね」

ぶぅ:(もう何でもやっちゃってくれ)

助産師:「トイレで3分は我慢してね。180秒数えて。」
ぶぅ:「陣痛の痛みと区別できる?」
助産師:「できる♪できる♪」

トイレで大きな声でカウントする。
しかし、90カウントで撃沈。(きたなくてゴメン)


陣痛促進の点滴を開始。

今度は立ち上がって、イスの背に手をつき、
前かがみでいきみを逃す。

ダンナにテニスボールでお尻をグイグイ押してもらう。

手に力が入るからか、点滴の警告音みたいなのが鳴る。
ピコーン!ピコーン!ピコーン!

ぶぅ:(・・・・・・・うざい、早く止めにきて)
↑心が折れかかってる

頭のなかでは、
もう二人目ムリかも・・・・・
次は無痛分娩にする!
帝王切開でもいいから、出してくれ・・・・
でも、せっかく逆子を2回も治してもらったからな・・・・

そんな事を考えていました。



つづく・・・・・・・

| | コメント (4)

出産レポ①+21日編+

記憶が薄れてますが、出産レポ書きます!

陣痛開始から35時間って言ってましたが、
正確には34時間でした!(あまり変わりませんが)
間隔が10分を越えなくなってからを言うようです。



11月21日

Photo4:00ぐらい?

お腹がズーンとしているのに気づく。
でも、眠気が勝つくらいだったので、間隔を測ることなく
「前駆陣痛がきたかもぉ・・・・」Oo。(。pω-。)って思ってました。


Photo5:00

「痛みが定期的に来てる?」(-ω- ?)
さすがに起きて、携帯で陣痛間隔を測ってみる。

8~13分間隔
まだ・・・・・だよね?(-ω-;)

とりあえず、眠れなくなったので、ブログを更新してみる。
そして、前日早く寝ておけばと激しく後悔・・・。

6時越えたくらいから間隔が短くなる。


Photo 7:40(陣痛開始1時間40分

陣痛間隔が10分を越えることがなくなり、
たまに4分とか出てくるようになった!(||゚Д゚)

痛みは耐えられる程度。
でも、10分間隔で電話しろって言われてたよな・・・。

ダンナが起きたので、「陣痛きたかも」と伝える。

「電話した方がいいんじゃ?」と言われ、
病院に電話。

ぶぅ:「6~8分で陣痛がきてるようなんですけど」
病院:「痛みは強いですか?」

ぶぅ:「いえ、まだ耐えられます」
病院:「では、しっかり朝ごはん食べて、
    シャワーを浴びてください。
    そして、診療開始の9時にきてくださいね」



そうだ、お風呂入らなくちゃいけなかった!
いきなりの陣痛に、そんなこと吹っ飛んでました。ヾ(´▽`;)ゝ

シャワーを浴び、朝ごはんを食べる。


Photo 9:00(陣痛開始から3時間

病院に向かいながらも、お腹は定期的に痛くなるが、
波が引くと、全く何とも無い。
普通にダンナと会話し、
「きたきた・・・・・」と言っては、少しだんまりになる程度。

この日、ダンナはお昼に1件外せない仕事があるとの事。

ぶぅ:「いない時に産まれたらイヤだね。
戻ってくるまで、ベビちゃん待っててくれるかなぁ」


なんて話していたのが、今思えば笑える・・・・。


病院に到着。

早速NSTをつける。
陣痛がくると、お腹の張りを測る方の針が振り切れる。

ダンナ:「おー!すごい!すごい!」

この時も、まだ耐えられる痛み。

だって、記念撮影したくらいだもん。

助産師:「うん、陣痛きてるみたいだねぇ。
      あれ?痛みに強い方?」

ぶぅ:「え!?んー・・・そんな事ないと思うんですけど」
助産師:「そう?余裕そうだから」

そういわれて、自分は痛みに強いのかも♪って
勘違いしだしてました・・・・(゚Д゚)


診察。

NSTを見た先生。
Dr:「いよいよですね」
ぶぅ:「はい!」

Dr:「破水や出血はなかったですか?」
ぶぅ:「なかったです」

Dr:「では内診してみましょう」

痛みがやってきた時の内診は
かなり痛かった!!・゚・(ノ∀`;)・゚・


Dr:「出血してるみたいですよー。
   茶色いおりもの出てたでしょ?」

ぶぅ:「・・・・・いえ、気づきませんでした。」

Dr:「・・・・・・・・・・・子宮口は1.5センチかぁ」
ぶぅ:(∑(゚Д゚)!まだ?)


嫌な予感・・・・。(-ω-;)


Dr:「痛みはどうですか?」
ぶぅ:「まだ耐えられる程度です」

Dr:「子宮口がまだ1.5センチなんですね。
前回の健診で1センチだから、0.5センチしか進んでないです。
この0.5センチは、今の陣痛じゃなくて、健診から今日までに
開いてた可能性もあるしね・・・。」

ぶぅ:「・・・・・・・そうですか」(こりゃ帰されるな)

Dr:「ご自分のお母さんはどうでした?」
ぶぅ:「3人産んで、3人とも陣痛が来ず、
        予定日を越えて促進剤だったらしいです。」


Dr:「そうですか・・・・まぁ、同じとは限りませんからね」
ぶぅ:(じゃあ、なんで聞いたの!先生ー!)

Dr:「ここからが長いからねぇ・・・・・
   家でリラックスしてもらった方が・・・・
   入院しても、一緒ですもんねぇ・・・・」
(←はっきり言わない)
ぶぅ:「じゃあ、もっと我慢できなくなったら電話して来ます!」

入院の荷物を預かってくれるとの事で、
預けて帰りました。


Photo 13:00(陣痛開始から7時間

病院の帰りにコンビニに寄ってもらい、
ここぞとばかりにお菓子を買ってもらう。('ー') フフ

ダンナが仕事に行ってしまい、ちょっと不安。
痛みは相変わらず10分以内にやってくる。

でも、お昼ご飯をがっつき、洗濯もして
痛みの合間に寝る事もできました。

1時間半くらい起きては寝てを繰り返し、
ようやく体を起こすと、
痛みが増してる気が・・・・・・ΣΣ(゚д゚lll)

腰にズーンとくる痛み。

呼吸法を復習しようと、母親学級の資料を取り出したら、
『腰が痛いうちはまだ』と自分でメモってた・・・(゚Д゚)

見なきゃよかったー!щ(゚ロ゚щ)


そして、トイレに行くと出血!

きっと内診のせいよね・・・・。
量も少ないし、とりあえず様子をみよう。


Photo15:00(陣痛開始から9時間

ダンナまだかーーーーー!!!!(`Д´)

痛みが増してきて不安になり、
ダンナに催促の電話を入れる。
15時半くらいになるそう。

ダンナが帰ってきたら、速攻病院に電話だ!


Photo15:45(陣痛開始から9時間45分

ダンナ帰宅。

ダンナ:「大丈夫か?!」
ぶぅ:「うん、今から電話する。
    もうすぐベビちゃんに会えるよ」


電話をすると、すぐ来てくださいとの事。


Photo 16:00(陣痛開始から10時間

NSTをつける。
痛みの波がくると、腕でふんばってしまう。

助産師:「うん、もう入院になると思いますよ」
ぶぅ:「ほんと!?」

助産師:「痛みが来たとき、力が入ってる。
     体がもたないわよ。リラックス。リラックス。」

ぶぅ:「はい」

この時、母到着。


先生の診察。

内診をすると子宮口2.5センチ
一応進んでるよう。でも、思いのほかあまり開いてない!?

Dr:「入院になりますが、今個室が空いてないので、
   3人部屋になりますけど。」

ぶぅ:「はい」(そんなのどうでもいいよー)

Dr:「初産婦の平均的な時間でいうと、
     今日の夜中か、明け方になるでしょうね」

ぶぅ:(まだ夕方・・・・・先が長いぞ)

この時は夜中までがんばれば!って思ってました。


Photo17:00(陣痛開始から11時間

3人部屋に通され、お産用の服に着替える。
母とダンナの前で「はい着替えて!」って
容赦なく着替えさせられ、産褥ショーツと大きなパット装着


慌ててきたダンナはスーツだったため、
一度帰って着替えてくるように指示。

母も一度帰って、父の夕飯を作って、
お風呂に入ってくるとの事で一度帰っていった。

一人になった・・・・。

フーフーいいながら、陣痛を乗り越える。

3人部屋だが、いるのはアタシともう一人。

その方は携帯で楽しそうに話している。
聞きたくなくても聞こえてくる会話によると、
昨日出産したらしい。

うらやましぃ・・・・・・・乗り越えた後なんだ・・・・。


途中で夕飯が運ばれてくるが、少しだけしか
口にできない。

お昼は陣痛の合間なら食べれたのに、
今は、陣痛の合間でも食べれない。


どれくらい経過したか分からないけど、
ダンナと母が戻ってきて、少し安心。



Photo 20:30(陣痛から14時間半

助産師さん登場

助産師:「モニターとるので、下まで降りてね」
ぶぅ:「・・・・・はい」(歩くのかぁ・・・・)

1階下にある陣痛室でNSTをつけるらしい。

陣痛の波がきたら、壁に手をつきフーフー。
助産師さんが腰を強くさすってくれます

ぶぅ:(あ、それ、楽かも・・・)

波が引いたら、急ぎ足で移動。

NSTをつけ、ベットに横になる。

ダンナに強めに腰をさすってもらう。
やっぱりかなり違う。

NSTが終了すると、今度は内診。

ダンナと母は部屋の外へ。

助産師:「はい、力抜いてね」
ぶぅ:「はい」

助産師:「はい。終わり」
ぶぅ:「どれくらいですか?」

助産師:「まだまだだね」
ぶぅ:(まだまだって・・・・)


そして、また部屋に戻るように言われました。
また戻るのー?(_ _|||)

でも、歩いた方がいいと言われてがんばる。


Photo23:30(陣痛開始から17時間半

陣痛が来るたびに同じ事の繰り返し。

アタシがフーフー言い出したら、
ダンナが腰をさする。

痛みがかなり短くなってきた。
時には1分でやってくることも!

助産師さんまだ?まだ見に来てくれないの?
次にいつ来るか聞いてなかったので、
永遠に来ないんじゃないかと思うほどでした。
(何かあったらナースコールできるけど)

最初は横向きに寝てたのを
四つんばいにしてみる。

ダンナが後ろに回って、腰を上下にさすってくれる。

この体勢いいかも!

そう思って数分後、助産師さん登場
また、廊下と階段を休み休み移動。

陣痛室でNST。

ベビちゃんの心拍をとる方の機械をつける時
助産師:「あー、まだココだもんね、
      下りてきたら、恥骨くらいの高さなのよ」

ぶぅ:「そうなんですか・・・」

助産師:「その顔だと、まだだよ。
     いよいよだと、そんなもんじゃないよ」

ぶぅ:(・・・・・・くぅ・・・・こんなに痛いのに・・・・
    アタシがポーカーフェイスなだけかもしれんやんか!)


まだまだって聞いて、少々凹む。


そして内診。

助産師:「陣痛の時に内診しないと意味ないからね
     波がきたら教えて」

ぶぅ:「・・・・・はい」

ぶぅ:「・・・・きましたぁ!フーフーフー!」

助産師:「うーん・・・・・おぉ!」
ニヤっとする助産師さん。
ぶぅ:「何センチ?」(←この辺からタメ口)

助産師:「8センチ♪進んだねぇ~結構早いかもよ」
ぶぅ:「本当!?」∑(゚Д゚)!

一気に元気が出てきた!

助産師さんが外に出て、ダンナと母に話しています。

助産師:「もう8センチまできてますからね、
     夜中か明け方には産まれると思いますよ。」


もう少し!もう少しでベビちゃんに会える!
ママがんばるよ!

次は3時間後にNST。



つづく・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (3)

病院に行ってきました!

携帯からの投稿なので見にくいかも!

結局、あれから5〜7分間隔になってきたので、病院に電話しました!(・ω・)ノ

まだ痛みを耐えられるって言ったら、シャワー浴びて、朝食食べて、診療開始時間に来て下さいとの事。

ダンナがいる時でよかったー♪なんて思いつつ、病院へ。

NSTを付けられると、定期的に陣痛がきてるよう。

こりゃあ、入院かなー?ってダンナと話していました。

でも内診をすると、1.5センチしか開いてないらしい…。

陣痛開始から5時間経過でこのくらいなら、まだまだ時間がかかるかもしれないし、治まってしまうかもしれないって事で、帰されました…(T∀T)

前回の健診で既に、1センチ開いてたからね。
わずか0.5センチしか進んでないのかぁ…

家に帰ってからも陣痛は、5分前後。
痛みは増してます!

耐えられなくなったら、また電話するのですが、耐えられなくなるって、アバウトな基準だよなぁ…(TωT )

そして、ダンナはどうしても外せない仕事があるので、行ってしまいました…。

心細いなぁ…

さっき、内診のせいか、出血を少しました。

今、一人で陣痛に悶えています。

コメントのお返事できなくてごめんなさい!

| | コメント (16)

その他のカテゴリー

2人目 妊娠初期 baby2 妊娠⇒流産 baby2待ち 1周期目 baby2待ち 2周期目 baby2待ち 3周期目 BGM お呼ばれ結婚式 からだのために きらん★0ヶ月 きらん★10ヶ月 きらん★11ヶ月 きらん★1ヶ月 きらん★1歳0ヶ月 きらん★1歳1ヶ月 きらん★2ヶ月 きらん★3ヶ月 きらん★4ヶ月 きらん★5ヶ月 きらん★6ヶ月 きらん★7ヶ月 きらん★8ヶ月 きらん★9ヶ月 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング スポーツ ドレス・アクセサリー選び ハンドメイド ファッション・アクセサリ プレママグッツ ベビーグッツ ベビ待ち 1周期 ベビ待ち 2周期 ベビ待ち 3周期 ペーパーアイテム マリッジリング モニター レディースクリニック 二人目ベビ待ち準備 健診 再baby2待ち 1周期目 再baby2待ち 2周期目 再baby2待ち 3周期目 再baby2待ち 4周期目 再Baby2待ち 6周期目 再baby2待ち 7周期目 再baby2待ち 準備期間 再baby待ち 5周期目 出産・入院レポ 動画 基礎体温のまとめ② 基礎体温まとめ 基礎体温まとめ(二人目baby待ち) 妊娠 妊娠 2ヶ月(4w~) 妊娠 3ヶ月(8w~) 妊娠 4ヶ月(12w~) 妊娠 5ヶ月(16w~) 妊娠 6ヶ月(20w~) 妊娠 7ヶ月(24w~) 妊娠 8ヶ月(28w~) 妊娠 9ヶ月(32w~) 妊娠 臨月(36w~) 式場選び 手作り 打ち合わせ 文化・芸術 料理 新婚旅行 旅行・地域 日常 映画・テレビ 書籍・雑誌 結婚 結婚式当日♪ 結婚後・・・・ 編み物 美容・コスメ 育児 離乳食 音楽 マタニティースクール レディクリ☆2nd season